バレエの種類とバレエレッスン着の特徴

バレエといえばレオタードを着てトウシューズを履き、クラシック音楽に合わせて踊るダンス というイメージがあると思いますが、それだけがバレエではありません。 トウシューズを履いて踊るバレエが基本となりますが、その基本のバレエから派生して生まれたバレエはたくさんあります。 その中でも、メジャーなバレエの種類についてご紹介させて頂きます。

ロマンティック・バレエ

フランス革命後に生まれた現代のバレエの起源となるダンスです。 妖精や悪魔が登場する幻想的な世界を舞台にした物語を踊りで表現し、ダンサーはロマンティック・チュチュと呼ばれる膝丈のチュチュを着て踊ります。 つま先立ちで踊る、軽やかにジャンプするといった動きは、ロマンティック・バレエで生まれたものです。

クラシック・バレエ

フランスから伝わったバレエがロシアで独自に発展したバレエです。 踊りで物語を表現するのがメインだったロマンティック・バレエから、ジャンプや回転などの技術面を重視されるようになり、 劇中では物語の内容とはあまり関係の無いダンスシーンが取り入れられています。 これまでのバレエよりも動きが複雑になったので、動きやすくする為にクラシック・チュチュと呼ばれる丈が短いチュチュが考案されました。

モダン・バレエ

技術を重視するクラシック・バレエは、衣装や音楽、踊りなどが制限されるようになった為、それに対抗して自由に表現するモダン・バレエが誕生しました。 モダン・バレエはトウシューズを履かず好きな衣装を着て、新しいステップを取り入れた自由で個性的なダンスです。

これらの三つの他にもバレエの種類はありますが、メジャーなのはこの三つのバレエです。 バレエは、子供から大人まで年齢を問わず踊れるダンスなので、楽しく運動をしたいと思っている方におすすめです。 当通販サイトでは、ロマンティック・バレエやクラシック・バレエで使用するトウシューズやレオタードなどを販売しています。 トウシューズは、RCLASSやBLOCH、Grishkoなどのメーカーの商品を取り扱っており、初心者向けから上級者向けまで様々な種類のトウシューズが揃っています。 バレエに使うアイテムを購入する際は、当通販サイトをご利用下さい。

バレエ用品お役立ちコラム一覧へ