バレエのウォーム方法と目的

バレエを含めたダンスやスポーツを始める前には、必ずウォームアップを行います。 いきなり激しい動きをするとケガをする恐れがあります。その為ウォームアップはとても大切なことです。 バレエのレッスン前に行われているウォームアップの方法とその目的についてご紹介します。

ジョギングで体温を上げる

ジョギングは、スポーツのウォームアップでも行われているメニューです。 軽くジョギングをすることで、体温が徐々に上がっていき血液の循環が良くなってきます。 体が冷えやすい冬の時期は、完全に体が温まるまでジョギングすることをおすすめします。

ストレッチをする

ジョギングで温まった筋肉を、ゆっくりと息をはきながら伸ばしていきます。 バレエの動きは、つま先立ちや足を高く上げるといった筋肉を伸ばす動きが多いので、ストレッチをして筋肉を動かしやすい状態にしておく必要があります。 ストレッチをする時に注意してほしいのは、筋肉を伸ばし過ぎないことです。 筋肉は、伸ばし過ぎると反射的に収縮してしまうので、ストレッチの効果が無くなってしまいます。

バーレッスンで基本動作の確認

バーレッスンとは、その名の通り手すりにつかまって行うレッスンのことです。 バレエの基本となるポジションの確認と、バレエを踊る為の体作りをする目的で行います。 技術面を重視するクラシック・バレエは、基本ができていないと上達出来ない為、ほとんどのバレエ教室ではレッスンの始めにバーレッスンを行います。

バレエの種類やレベルによってウォームアップの内容は多少変わってきますが、基本的にはこういった内容のウォームアップが行われています。

当店では、バレエのウォームアップ時におすすめのキャミソールやレオタードなどのウォームアップウェアを販売しています。 新しいバレエ用品が欲しいという方は、格安で手軽にバレエ用品が買える通販をご利用してみてはいかがでしょうか。 Block、RCLASSやGrishkoのトウシューズや、体の冷えを防止できるレッグウォーマー、子供用のレオタードなど、バリエーション豊かな品揃えとなっています。 バレエを習い始めたばかりの方からベテランの方まで、バレエをやっている方ならどなたでもご利用下さい。

バレエ用品お役立ちコラム一覧へ